BLOG

パンのこと、
暮らしのことを
綴っています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 信州ぐらし
  4. きれいな空気に感謝!自家製干し柿をおやつに。

きれいな空気に感謝!自家製干し柿をおやつに。

ここは長野県上田市。

毎年、秋になると直売所などで「渋柿」が売られます。

一袋150円とか200円とか…とにかく安い!

信州流に「ずく」を出せば、とびきり美味しくて、しかもヘルシーなおやつになります!

焼酎で渋抜きをする方法もあるらしいのですが、

私は「干す」派。

渋柿は、干しやすいように枝を残して売られているものが多いので、

皮をクルクルむいて、麻ひもを枝に結んで、ベランダに干すだけ。

今年は少なめの45個だったので、作業は1時間で終了!

待つこと約1か月…。

みるみる水分が抜けて、糖分が白く表面に現れたら食べごろです。

自分で作る干し柿のいいところは、干し加減を自分で決められるところ。

私は、干し過ぎずジューシーなタイミングでいただくのが好きです。

ベトナム製の、おままごとみたいな茶器と合わせたら、かわいらしいおやつに!

子どもたちもぺろりと2こずつ食べました。

もう少し沢山作れば良かったかな…?

来年は100個かな!

澄んだ空気と、晴天率の高さが自慢の上田市。

干し柿作りには、ぴったりの環境なのです~!

関連記事

石窯パン ハル Instagram

Posts