BLOG

パンのこと、
暮らしのことを
綴っています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. パンとおやつ
  4. 上田市中心市街地のパン屋「石窯パンハル」と、文化施設「犀の角」のゆるやかな連携

上田市中心市街地のパン屋「石窯パンハル」と、文化施設「犀の角」のゆるやかな連携

石窯パンハルのお隣にある「犀の角」は、カフェやゲストハウスを備えた文化施設です。ここのカフェには、ハルのパンを持ち込んで召し上がっていただくことができます(1ドリンク、オーダーしてくださいね!)。ハルの営業終了後18時~22時と、翌朝7時30分~10時までは、ハルのパンの販売も。

さまざまな顔を持つ「犀の角」の魅力。私たちもパンを持ち込んで、お茶してきましたのでお伝えします!

平日はカフェであり、ゲストハウスのロビーでもあり

平日の「犀の角」は、こんな感じ。天井の高い広々とした空間で、仕事する人あり、お茶する人あり、遊ぶ人あり…。ゲストハウス利用のお客様のチェックインもここで。

写真奥にはバーカウンターがあり、さらに奥にはゲストハウス利用のお客様の共用スペース(キッチンや洗濯機なども)があります。

「犀の角」の朝

火~日曜日の7時30分~10時までは、モーニングの「トーストセット」があります。ゲストハウス利用者でなくてもモーニング利用は可能。新聞片手に、またはノートパソコンを持ち込んで、朝食ついでにひと仕事、なんていかがでしょう(WiFi使えます)。トーストセットのパンは、別所の「まるふじ」さんのものです。

「犀の角」のカフェタイム

火~金曜日の10時~16時は、カフェタイム。子連れ利用がしやすいのは、この時間帯ですね。ハルのパンだけでなく、上田名物「じまんやき」なども持ち込み可。離乳食も持ち込み可。ベビーカーで入っても窮屈感ゼロの広々した店内。授乳室やおむつ替えスペースも有り。

NPO法人リベルテさんが担当するランチ「とり団子汁定食」や、「スパイシーチキンカレー」も、とってもおいしいです。気兼ねなく子どもを遊ばせながらランチができておすすめ。

「犀の角」の夜

火~日曜日の16時~22時は、カフェ&ディナータイム。この時間にも「スパイシーチキンカレー」は頂けます。子どもたちは「マイさんカレー」と呼んでいてお気に入り。私たちは、忙しくて「もう夕食作る元気なし!」というときに、よく食べに行きます。

「犀の角」のゲストハウス

このカフェスペースの建物の奥に、ゲストハウスの建物があります。上田の中心市街地にあり、徒歩で行ける観光スポットやお店も多くとても便利。ちなみに上田城跡公園までは徒歩約15分。
ゲストハウスについて詳細はこちらをご覧ください↓

http://sainotsuno.org/

劇場やイベント会場にも変身する自在な空間

天井を見ると、スポットライトなどが取り付けられ、ここがただのカフェでないことがわかります…! この黒い板張りのスペースが舞台になることが多いですが、逆に客席になることも。舞台セットを終えた「犀の角」に入ると「まるで別の空間」になっていて毎度驚かされます。

そして今は手作りのブランコが! 手作りといっても舞台セットのプロの手作り! こんな遊び心も犀の角さんならでは。次はすべり台を作るというウワサも…!?

上田街中演劇祭や犀の寄席などの開催

毎年秋に開催される「上田街中演劇祭」や、新年最初のイベント「犀の寄席」は、私たちのお気に入りイベント。この他にも演劇やライブ、結婚式二次会など、さまざまな利用ができます。ハル主催のイベント「子どもパン教室」の会場にさせて頂いたこともあります。

知的好奇心を満たしてくれる月例イベントも

たとえば「犀の庚申待ち」。60日に1回めぐってくる庚申の日に徹夜して「身体の中にいる悪い虫が神様に自分の悪行を告げ口しに行かないよう」にする行事。冬場ならお鍋を囲んで夜通し語り合ったりします。

または「古典戯曲を読む会」。古今東西さまざまな戯曲を、みんなで声に出して読みます。イプセン作「幽霊」など。

ハルのパンを持ち込んで、おいしいドリンクと一緒に!

撮影した日は、子どもたちのセレクトで、レーズンバターサンドとダブルベリーベーグルを持ち込みさせていただきました。ベーグルは、写真を撮ろうとしている間にかじられて半分以下になっていますが…。

子どもたちはキッズサイズのリンゴジュース、肌寒い日だったので私は手作り梅酒をお湯割りで。甘さ控えめでやさしい味わいでした! 「黒糖豆乳」もおいしいし、コーヒーもおいしいです。気になる「ビワミンソーダ」なんてドリンクも。信州地ビールや信州ワインもありますよ!

ハルで「ここでお茶はできないの?」と聞かれると「お隣にカフェがありますから!」とご案内し、逆に犀の角さんでは「何か甘いものはないの?」と尋ねられると「ハルさんにいろいろありますよー」とご案内してくださっているそう。営業時間がけっこうずれているハルと犀の角ですが、その「ずれ」も利用しつつ、ゆるく連携しています。

この窓際席が私は好き。街ゆく人と風景を眺めながらお茶できます。…なーんていうと優雅ですが、子どもたちがブランコなどでの遊びに夢中になってしまうと、「帰りたくない!」と、いつも去り際に大騒ぎです(笑)

ハル営業終了後~翌朝にかけて、ハルのパンを販売

石窯パンハルの営業時間が11時~18時。18時になるとパンを犀の角さんに移動させて、18時~22時と、翌朝7時30分~10時の間、犀の角さんで販売して頂きます。夕方遅く到着して、翌朝早めに発つゲストハウスのお客様のためにと始めましたが、お仕事帰りに立ち寄ってパンを買ってくださる方も。


ちなみに、月曜日は犀の角さん定休日なので販売なし、日曜日は16時~22時販売ありですが、ハルが日曜定休なのでパンは土曜日焼成のものとなります。また、犀の角さんの演劇やライブなどのイベントにより、販売していない日もあります。パンを見かけたらぜひ、よろしくお願い致します!

関連記事